「ヨガの座位とねじりのポーズ」の記事一覧

バラドヴァジャーサナ I(バラドヴァジャのねじり)のやり方と効果 | ヨガの座位とねじりのポーズ

ヨガの座位とねじりのポーズ

バラドヴァジャーサナ1(バラドヴァジャのねじり)とは、「Bharadvaja」という聖者の名前から来ているポーズで、座りながら体を横向きにねじっていくヨガ・ポーズです。 ヨガのねじりのポーズ全般に言えることですが、ねじる・・・

バッダ・コナーサナ(合せきのポーズ)のやり方と効果 | ヨガの座位とねじりのポーズ

ヨガの座位とねじりのポーズ

バッダ・コナーサナ(合せきのポーズ)の「Baddha」は「縛られた」、Konaは「(ある角度に)曲げる」という意味で、足裏を合わせて前に倒して行くヨガ・ポーズです。 股関節を無理に開こうとすると関節が固まって逆効果になり・・・

ゴムカーサナ(牛の顔のポーズ)のやり方と効果 | ヨガの座位とねじりのポーズ

ヨガの座位とねじりのポーズ

ゴムカーサナ(牛の顔のポーズ)の「Go」は「牛」、「mukha」は「顔」の意味で、上から見ると両足が牛の角のように見えることから、この名前で呼ばれています。 難易度は中級程度ですが、様々な箇所を伸ばすことで心地よさが得ら・・・

アグニスタンバーサナ(薪のポーズ)のやり方と効果 | ヨガの座位とねじりのポーズ

ヨガの座位とねじりのポーズ

アグニスタンバーサナ(薪のポーズ)の「Agni」は「火」という意味で、アグニは古代インド神話ヴェーダの「火の神」であり、「台所の神」「カマドの神」とも言われています。 あぐらより少し身体から離した位置に脚を置いて組む、あ・・・

パリプールナ・ナヴァーサナ(舟のポーズ)のやり方と効果 | ヨガの座位とねじりのポーズ

ヨガの座位とねじりのポーズ

パリプールナ・ナヴァーサナ(舟のポーズ)は横から見た時にアルファベットのVの字になるように姿勢をキープするヨガ・ポーズですが、「体育の授業でやった」という方もいらっしゃり、イメージがつかみやすいかと思います。 ヨガのポー・・・

アルダ・マツィエンドラーサナ(半分の魚の王のポーズ)のやり方と効果 | ヨガの座位とねじりのポーズ

ヨガの座位とねじりのポーズ

アルダ・マツィエンドラーサナ(半分の魚の王のポーズ)は、魚の王とも呼ばれる伝説上の聖者、マツィエンドラに捧げるポーズで、もっともポピュラーなねじりのヨガ・ポーズです。 アルダ・マツィエンドラーサナの「Ardha」とは「半・・・

ジャーヌ・シルシャーサナ(頭を膝につけるポーズ)のやり方と効果 | ヨガの座位とねじりのポーズ

ヨガの座位とねじりのポーズ

ジャーヌ・シルシャーサナ(頭を膝につけるポーズ)の「Janu」は「ひざ」、「Sirsa」は「頭」の意味で、伸ばした足のすねに頭をつけるヨガ・ポーズです。 坐骨を安定させて首の後ろを伸ばすことと、ヨガの呼吸法をすることによ・・・

ヴィラーサナ(英雄のポーズ)のやり方と効果 | ヨガの座位とねじりのポーズ

ヨガの座位とねじりのポーズ

ヴィラーサナ(英雄のポーズ)の「Vira」とは「英雄」という意味ですが、このポーズは日本では昔からよく「割座」と言われています。 ヨガには大きく分けて体を動かす運動の効果と、頭の中に浮かぶ不安を落ち着かせ、集中力をアップ・・・

ページの先頭へ