象のポーズは、全身の筋肉をバランスよく柔軟にすることができるヨガのポーズです。

他にも、様々な効果が期待できます。

今回は、象のポーズのやり方と効果についてお伝えします。


1.ヨガの象のポーズ、やり方は?

ヨガの象のポーズは、立位のポーズです。

やり方が複数あるので、心地よくできる方法を選んでください。

足を肩幅より少し広めに開き、骨盤を正面に向けて立ちます。

どちらの手が前でもいいので、両手を胸の前でクロスさせましょう。

手をクロスしたままで、軽く耳たぶをつまみます。

右手で左の耳たぶを、左手で右の耳たぶをつまみます。

耳たぶを強くつかんでしまうと、上体や腕に力が入りすぎるので注意してください。

息を吸って背筋を伸ばし、息を吐きながらあごを前に突きだし上体を倒します。

気持ちがいいところまで前屈し、上体や腕の力を抜きます。

3呼吸程、ポーズをキープします。

呼吸をするたびに、より深く前屈していけるはずです。

深く長い呼吸を心がけてください。

息を吐きながら上体を起こし、手も戻します。

クロスした手を反対にした場合でもおこないます。

気分が悪くなったら、すぐに元の姿勢に戻ってください。

両手を組んでグーの形にして、上体を倒してもいいです。

他の方法では、上体を起こしたまま、ひざを少し開きます。

両腕を前方に伸ばし、ひじを曲げます。

ひじをくっ付けたままで、胸の前にグーの形で置いた状態で呼吸を続けます。

さらに他の方法では、右手のひじを伸ばし手のひらを前方に向けます。

左手は左肩に置き、そのままポーズをキープします。

反対側も同じようにおこないます。

無理のない方法を選んで、おこなってください。

視線は、上体を倒す方法では足元に、上体を起こしたままの方法なら前方に置きます。

ヨガの象のポーズは、象が長い鼻を伸ばしたり曲げたりと動かす様子を表しています。

子供さんでも、楽しんでできるポーズです。

子供さんとするなら、鼻になる腕を前方に伸ばし、反対側の腕は腰に添えます。

伸ばした腕を、上下左右に動かします。

象の鼻のように、大きくゆっくりと動かします。

それほど細かいことにこだわらず、楽しむことを優先してください。


2.ヨガの象のポーズ、効果は?

ヨガの象のポーズは、全身の筋肉を柔軟にし引き締めます。

全身の筋肉をバランスよく調整してくれるので、体のシルエットがきれいになります。

薄着になることが多い、夏に向けておこなうといいでしょう。

足のむくみ、ストレスによる耳鳴りの予防や改善にも効果的です。

生理に伴う足のむくみにも効きます。

腰の強化にもなりますので、腰痛の予防に適しています。

深く長い呼吸を心がけておこなうことで、大きな効果を得ることができます。

朝起きてすぐにおこなうと、頭がスッキリし、一日のスタートが切りやすくなるでしょう。